駅周辺のクチコミ・スポット情報サイト e-NAVITA

 

利用規約(会員規約)

本規約は、表示灯株式会社が提供する「e-NAVITA(イーナビタ)」のサービスをご利用いただくうえでのご同意事項となります。ご利用の際には、必ずご一読ください。

第1章 総則

第1条(会員規約)

この会員規約は、第4条1項に定める会員と表示灯株式会社(以下「弊社」といいます)との間の【e-NAVITA(イーナビタ)】各種サービス(以下「本サービス」という)の利用に関する一切の関係に適用されます。

第2条(本規約の範囲)

  1. 「本サービス」とは、インターネットを利用した情報発信等を目的として、弊社が運営するウェブサイト【e-NAVITA(イーナビタ)】(http://www.navita.co.jp/)を通じて行うネットワークサービスを意味します。
  2. 「本サービス」が、この会員規約本文の他に別途定める各サービスの利用規約および各サービスの「ご案内」または「ご利用上の注意」等で規定する各サービスの利用上の決まりおよび、その他の利用条件等の告知(以下併せて「利用規約等」という)も名目の如何を問わず、この会員規約の一部を構成するものとします。

第3条(本規約の変更)

  1. 弊社は会員の了承を得ることなく、この会員規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの利用条件は、変更後の会員規約によります。
  2. 変更後の会員規約については、弊社が別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より効力を発するものとします。

第2章 会員

第4条(会員資格・入会手続)

  1. 会員とは本規約を同意の上、所定の方法により弊社が運営する本サービス利用のために会員として入会を申し込み、弊社が入会を認めIDを貸与された者をいいます。
  2. 会員は無料で本サービスの登録をすることができます。また、会員登録(無料)を完了した時点で、当該会員は本規約の内容を承諾したものとみなします。
  3. 弊社会員登録(無料)は、本人が真実に基づいて正確に登録するものとします。虚偽・代理による登録は、一切認められません。会員が弊社に申告した情報に変更が生じ、又はかかる情報が真実に反することが判明した場合には、当該会員は速やかにその旨を弊社に申告し、所定の変更手続きを取るものとします。
  4. 弊社は、一旦会員になった方についても、その後判明した諸事情(会員になる際、弊社に申告した情報の全部又は一部が真実に反する場合を含む)により不適切と判断した場合は、弊社は当該会員のIDを削除し、将来に渡って本サービスを利用することをお断りする権利を有しております。

第5条(会員義務)

  1. 会員が本サービスを利用するに当たっては、本規約の定めに従い、かつ弊社が指定した方法によってのみご利用いただくものとします。
  2. 会員は、弊社が決定する会員ID及び自ら選択するパスワードを使用して、本サービスを利用するものとします。
  3. 会員は、自己のID及びパスワードの使用、管理につき責任を持ち、第三者にこれを使用させてはなりません。
  4. 弊社は会員によるID若しくはパスワードの使用上の過失、又は第三者の利用に伴う損害について、一切の責任を負わないものとします。
  5. 会員は、ID、パスワードの盗難、第三者による不正使用などがあった場合、直ちに弊社までその旨届け出ると共に、弊社からの指示に従うものとします。
  6. 本サービスを利用して営利を目的とした活動を行う場合、あるいは本サービスを通じて入手した情報を複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する場合は全て弊社の事前の書面による承諾を得ることを条件とします。
  7. 会員は、弊社からの連絡が速やかに受信・確認ができるメールアドレスにて登録し利用するものとします。

【口コミ投稿について】
【e-NAVITA(イーナビタ)】に会員登録(無料)することにより口コミ投稿を利用することが可能となります。
「口コミ」のうち感想等実際の店舗様の状態を示す口コミについては、【e-NAVITA(イーナビタ)】掲載店舗を実際に利用した会員に限り投稿することができるものとします。
会員が書き込んだ口コミの正確性、適法性、妥当性その他について、いかなる保証もいたしません。会員が口コミを書き込む際には、対象となる店舗を不当に害することのないように、「利用者一般に役立つ投稿(公共的・公益的なコメント)」「虚偽の事実ではない正確な投稿」を行ってください。また、店舗関係者による宣伝行為や利用者になりすましての投稿は固くお断りいたします。

弊社は口コミにおいて投稿された会員からの感想、質問、苦情、情報等について、会員の許諾なしに(1)内容の審査をすること(2)掲載の有無の判断ができるものとし、また、会員の事前の許諾のもと内容の一部を修正することができるものとします。
口コミについては会員の自己責任においてご利用ください。なお、【e-NAVITA(イーナビタ)】に掲載された口コミにより利用者に生じた損害、利用者同士のトラブル、利用者と店舗間のトラブル、その他の事項に対して、弊社はいかなる責任を負うことが出来ませんので、ご利用者の責任の元、ご活用ください。

口コミに関する著作権、その他の権利(著作権法第27条、第28条の権利を含みます。)は弊社に帰属するものとし、また、会員は著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)を行使しないものとします。

第6条(会員の禁止行為)

会員は、本サービスを利用するに当たり、又は本サービスの利用に関連して、以下の行為を行ってはなりません。当該行為をおこなったことにより、弊社が本サービスの運営上不適切と判断する場合は、本サービスの利用停止、会員資格のはく奪、損害賠償等の必要な措置をおこなうことができます。
また、以下の行為によって、弊社または第三者が損害を被った場合、当該会員は事故の責任をもって当該損害の一切を賠償しなければならないものとします。

  1. 他の会員又は第三者の著作権、商標権その他の知的所有権を侵害する行為
  2. 他の会員又は第三者の財産、肖像権、プライバシー等を侵害する行為
  3. 他の会員又は第三者を誹謗中傷する行為
  4. 犯罪的行為に加担し、又はこれを促進する行為
  5. 公序良俗に反する行為
  6. 選挙運動、又はこれに類似する行為
  7. 本サービスの運営を妨げ、又は弊社の信用を損なうような行為
  8. 虚偽または類似内容の投稿
  9. 弊社若しくは本サービスに関する情報、又は本サービスを通じて提供される情報を改ざんする行為
  10. 有害なコンピュータープログラム等を送信又は書き込む行為及びスパムメール等を送信する行為
  11. 未成年者を害するような行為
  12. 自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったりまたは他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりすること
  13. 弊社の提供する本サービス、本サービスの利用(使用)、本サービスへのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、商業目的で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)すること
  14. 会員名およびパスワードの第三者への貸与・譲渡及び第三者との共用
  15. その他、法令に違反する行為
  16. その他、弊社が不適切と判断する行為
  17. 全各号の何れかに該当する恐れがあるものと、弊社が判断する行為

第7条(サービスの利用停止)

会員が以下の各号の何らかに該当する場合には、弊社は当該会員に対し、サービスの利用を停止するものとします。

  1. 当該会員が本規約の何れかの条項または趣旨に違反し、あるいは本規約の精神に照らして不適切な行為を行ったと弊社が判断し、弊社が当該会員の除名を決定した場合
  2. 当該会員が所定の手続きに従い弊社にやめる旨を申し出た場合

第3章 運営

第8条(本サービスにおける取引)

会員がe-NAVITA(イーナビタ)を通じて知り得た情報をもとに行うサービス提供者(加盟店等)との取引は、会員とサービス提供者間の直接取引となります。弊社は、当該取引についてサービス提供者となる場合を除き、取引の当事者とはならず、取引に関する責任は負いません。したがって、取引に際し万一トラブルが生じた際には、会員とサービス提供者との間で解決していただくことになります。

第9条(電子メールの送受信)

  1. 会員が本サービスに関連して会員証の発行等で弊社との間で電子メールを送受信するときには、弊社にあらかじめ登録したメールアドレスを使用するものとします。
  2. 会員が本サービスに関連して発信する電子メールの記載内容に関しては、発信した会員本人の責任に基づくものとし、弊社は一切の責任を負担しません。
  3. 会員は、他の会員が送信した電子メールの記載内容に関し、弊社に何らの請求も行わないことに合意します。
  4. 弊社は、会員に対して、メールマガジンその他の方法による情報提供(広告を含みます)を行うことができるものとます。会員が情報提供を希望しない場合は、弊社所定の方法に従い、その旨を通知して頂ければ、情報提供を停止します。ただし、サービス運営に必要な情報提供につきましては、会員の希望により停止をすることはできません。

第10条(提供された情報の弊社による利用)

弊社は、本サービスに関連して会員が弊社又は弊社のウェブサイトに提供した著作物及びその他の情報(文字、画像、音声、及びこれらの結合物を含みます)を、自由に変更、複製し、弊社又は第三者の名義で公表し、かつ弊社又は第三者の名義で出版、公表する著作物の一部として引用、掲載する等を含め、あらゆる方法で利用することができるものとします。会員が提供した著作物に関する著作権は弊社の所有に属するものとします。
登録において、弊社に対して開示した個人情報については、弊社は、会員の同意なく、第三者に対しこれらの個人情報を開示することはありません。ただし、以下の場合には、会員の事前の同意なく、これらの個人情報を開示できるものとします。

  1. 会員が他の利用者その他第三者に対して損害を与える可能性があると弊社が判断した場合
  2. 裁判所、検察庁、警察等の司法機関、またはこれらに準じた権限を有する機関から会員情報の開示を求められた場合

サービス提供者に対しては、会員のプライバシーに配慮した個人情報の取扱いを規約等で義務づけております。詳細につきましてはプライバシーポリシーをご参照ください。

第11条(情報等の修正、削除)

弊社は、会員が本サービスに関連して弊社又は弊社のウェブサイトに提供する文章及びその他の情報を、当該会員に通知し、又はその承諾を求めることなく、無償で非独占的に使用する(修正、削除、複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含む)権利を当該会員により許諾されたものとみなします。なお、この条項は、他の会員に対して弊社が当該コンテンツの使用許諾をすることを約束するものではありません。

第12条(免責)

弊社は、会員に対し、本サービスのシステム及び提供する本サービスの質、本サービスを通じて弊社又は第三者が提供する情報等(ネットワーク上で表示される広告に含まれる情報を含む)に関し、情報について充分注意・確認をいたしております。しかしながら当該情報につき利用者の方が損害を被った場合でも弊社は一切責任を負えませんので、その完全性、確実性及び有用性を含め、いかなる保証も行いません、利用者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用ください。弊社は、本サービスの利用に関連し、又は本規約の条項に従い弊社が行った行為に起因して、会員が直接又は間接に被り得る損害については、態様のいかんに関わらずなんらの責任も負担いたしません。会員は、こうした損害に関連して、弊社に対し何らの請求も行わないものとします。
いずれかの会員の本サービスの利用に関連して、会員間又は会員と第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、関係する会員がその責任で解決し、弊社に一切の損害を被らせないこととします。
本サービス中から他のウェブサイトやリソースへのリンクを提供している場合があります。この場合、弊社は当該サイトやリソースを管理しておりませんので、弊社外のサイトやリソースの利用(使用)可能性については責任を有しておりません。また、当該サイトやリソースに包含され、または当該サイトやリソース上で利用が可能となっているコンテンツ、広告、商品、役務などについては一切責任を負うものではありません。したがって、弊社には、それらのコンテンツ、広告、商品、本サービスなどに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません)について賠償する責任はありません。

第13条(損害賠償)

会員は、本サービスの利用に関連して弊社又は第三者に損害を与えた場合には、かかる損害を直ちに賠償するものとします。
会員が本サービス中に送信(発信)したコンテンツ、会員による本サービスの利用、会員の本サービスへの接続、会員の本規約違反もしくは会員による第三者の権利侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求については、会員の費用と責任で解決するものとします。また、当該クレームや請求への対応に関連して弊社に費用が発生した場合または賠償金等の支払いを行った場合については、会員は当該費用および賠償金等(弊社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

第14条(本サービスの変更、中断・停止等)

弊社は弊社の意図しない状況を除き、会員への事前告知の元、会員向けの本サービス内容の一時的な中断又は停止を行うことがあります。弊社が本サービスの内容を中断または停止した場合にも、会員に対しては一切責任を負わないものとします。
弊社は事業の進行によって各種本サービスの追加、変更を行う予定であり、かかる追加、変更後の本サービスには有料なものが含まれる場合があります。ただし、会員による有料サービス利用の際には所定の手続きを経るものとします。弊社が本サービスの内容を追加または変更した場合にも、会員に対しては一切責任を負わないものとします。

第4章 その他

第15条(準拠法および裁判管轄)

本規約の準拠法は日本法とします。また、本サービスまたは本規約に関連して弊社と会員の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

付則
2015年7月31日 改訂